最近の投稿
最近のコメント

    に薬剤師大宮デリヘルベイビーズ

    普通の 大宮デリヘルベイビーズで「連中が大挙してこの屋敷に向かってきている」「なんですって?」人気デリヘルの店長はききかえした。想像するだけで、膝ががくがくふるえた。風俗通の人妻はポーチの安くておすすめの女を始末して、玄関のドアをぱたんと閉めた。「ちくしよう。クリス、だいじょうぶか?」クリスはうなずいた。風俗通の人妻は部屋を横切ってくると、けがはないかどうかクリスの体を調べてから、腕を回して強く抱きしめた。「おいっ、やめろ、ホモ野郎」クリスが毒づいた。「気持ち悪いんだよ。だれかを抱きしめたいんだったら、人気デリヘルの店長を抱きしめたらいいだろうが」風俗通の人妻は歯をぐっと食いしばってから、あらかた身を離した。それでも片手でクリスの肩をしっかり抱いたまま、かがみこんで目を合わせた。「今度だれかが来たときに玄関に出たら、愚かなおまえの首を引っこ抜くからな、クリストファー。ラース。エリクソン」廊下のほうヘクリスを突きとばした。「遮蔽物を下ろせ」「なんなの、それ?スター・トレックじゃあるまいし」大慌てで風俗通の人妻の命令にしたがうクリスを見て、ランキング1位の女がいった。「そんなんじゃない。この屋敷には、銃弾を跳ね返すシャッターがあるんだ。安くておすすめの女たちがなにをたくらんでいるのかわからないが、火炎瓶みたいなものを窓から投げこまれないようにしたいんだ」「それは賢明ね」ランキング1位の女がため息とともにいった。

    カテゴリー
    お気に入り